お肌の悩みを解消

2種類のレーザー治療

いぼが顔や首筋などにできて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。いぼは色々な原因で発生しますが、中でもウイルス性のものは放っておくと数が増えたり大きくなったりしがちです。いぼのウイルスは感染力がそれほど強くないので、たまに自然治癒することもあります。けれどもなかなか治らないようなら、悪性腫瘍の可能性もあるため、一度医師の診察を受けてみることをお勧めします。皮膚科や美容外科では悪性の病変はもちろん、良性でも気になる部分のいぼを手術で取り除くことができます。手術にも多くの方法がありますが、最も一般的なのは液体窒素で凍結させる方法です。これは痛みが伴いますし、1回では完了せず何回か繰り返す必要があるといった弱点があります。しかし保険が適用されるので、費用は安価で済むことがメリットです。液体窒素で取り切れない場合は、メスを使って切除することもあります。患部を切り取ってもウイルスが残っていると再発する可能性があるため、あまり一般的な方法とは言えません。ただし切除した組織を病理検査にかけられるという利点があります。病理検査をすれば悪性かどうかを判定することができます。手術後は縫合する必要があるため、傷跡が残る恐れがあります。一般の皮膚科で凍結療法や外科手術を行う場合は、美観にはあまり注意を払わないのが普通です。そのため顔面など目立つ場所のいぼを跡を残さずに取り除きたいときは、美容外科や美容皮膚科で手術を受けるのがお勧めです。こうしたクリニックは施術後のお肌の状態までケアしてくれることから、美容に気を遣う方に人気があります。メスや液体窒素を使わずにいぼを取り除く方法としては、炭酸ガスレーザーやYAGレーザーなどが挙げられます。同じレーザーですが働きは少し違っていて、炭酸ガスレーザーは組織そのものを焼灼します。小さいものなら跡を残さずキレイに仕上がり、出血が少ないというメリットがあります。YAGレーザーはいぼに栄養を供給している血管を遮断して、ウイルスを退治するのが目的です。他の方法では取れなかったり、再発を繰り返したりする場合に向いています。なおクリニックによってレーザー機器の名称は異なるので、詳しい内容については医師の説明を受けてください。ウイルス性のほか老人性や脂漏性のいぼも、レーザー治療で改善できる場合があります。まずは専門のクリニックで診察を受け、コストパフォーマンスも視野に入れて、どんな治療法が最適かを確認しましょう。